京のかほり - Le parfum de Kyoto -

kyokahori.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 18日

Au Temps Perdu



f0029782_17571982.jpg


   京都国立近代美術館向かい、白川の疎水沿いにできた、洋菓子、デリカテッセン、サロン・ド・テ(Patisserie, Traiteur et le salon de the) の“Au Temps Perdu”。ビストロ“Belle coeur”系列の姉妹店です。赤い外観が、フランスの街角にあるお店を思わせます。
  店内には、パテ、リエット、鴨のコンフィ、チーズetc……フランスのお惣菜がズラリ。お菓子もファー・ブルトン、タルト・シトロンなど、京都ではなかなかお目にかかれないような、本格的で素朴な地方菓子が並びます。Proustゆかりの店名にちなみ、ちゃんとMadeleineもありますよ。



f0029782_17574241.jpg


  Rhume au baba(サバラン)500円は、ブリオッシュをラム酒のシロップでひたひたにした大人の味。アルコールに弱い私は、これ一つでほろ酔い気分♪



f0029782_17575668.jpg


  Far Breton(ファー・ブルトン)は、少しプルンとした生地の中に、プルーンが何粒か入った、とっても素朴な焼き菓子。Brestの市場で大ぶりにカットして売られていたのをほお張りながら、市場散策したことを思い出します。写真のはもっと上品なお味でした。
[PR]

by feuillesrouges | 2006-04-18 17:54 | カフェ


<< 哲学の道  Le chemin...      菜の花   >>