京のかほり - Le parfum de Kyoto -

kyokahori.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 31日

光悦寺 Koetsu-ji



f0029782_18112120.jpg


徳川家康が本阿弥光悦に野屋敷として与えた土地。「ここに一族縁者をはじめ、種々の工芸に携わる多くの職人と共に居を構え、光悦翁を中心とする工芸集落を営んだ」そう。いわば芸術家村ですね。そして、上記写真が有名な「光悦垣」です。


f0029782_1812263.jpg


  紅葉が少し色づいています。


f0029782_18121822.jpg


  茶室が点在しています。今でもお茶会が催されているそうです。噂によると、寺によって茶会にも位があるそう。そして、アプローチ(順序が逆になりましたが)が美しいのでした。


f0029782_18123353.jpg

[PR]

by feuillesrouges | 2006-10-31 18:10 | 京都


<< 修学院離宮 -下離宮 - ...      源光庵  Genko-an >>