京のかほり - Le parfum de Kyoto -

kyokahori.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 14日

能  Le theatre de Noh


f0029782_22594182.jpg


  うちから歩いて2分ほど(柳馬場押小路東入ル南側)にある、大江能楽堂。築100周年という記念すべき年とは露知らず。入口からは奥に立派な能楽堂があるのは、全くわかりません(残念ながら、堂内は撮影禁止)。

この日は、生粋の京女である友人からのお誘いの定期能。朝から夕方まで、生徒さん、先生が演能しはります。客は出入り自由。廊下でお茶をいただいたり…。こんな気楽なお能なら、もっとみんな行きやすいだろうな。普通の3時間とか5時間かかる能は、現代ではちょっと大変ですね。

 友人は「山姥」を舞ってはりました。さすがに気迫に満ち、怖いくらい… 以前は毎年、今は2年に1度は見ているので、上達ぶりが素人目にもよくわかります。やはり「継続は力なり」だな~。こうやってちょくちょく見せてもらっているうちに、なんとなくお能に親近感がわいて、見るのにも慣れてきたのも「継続は力なり」かな。でも、演目の内容は、あまりわかりません。勉強せねば。
[PR]

by feuillesrouges | 2007-05-14 22:58 | 観劇


<< 詩仙堂1  Shisen-do 1      建仁寺 おかだ  Le res... >>