京のかほり - Le parfum de Kyoto -

kyokahori.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 14日

祇園祭3 La fete de Gion 3



f0029782_22121974.jpg


5年ぶりくらいに、杉本家の屏風祭へ(1500円)。普段は静かな通りで、向かいにはお気に入りの町家の茶店、三丘園があります。今日は1年で一番のハレの日。内部の撮影は不可だったのですが、相変わらず素晴らしい町家です。保存会ががんばってはります。同じ町家でも、使っている木材などの質によって、雰囲気が全然違うんですよね。風格を感じます。おくどさんの天井の高さと上部のしつらえが素敵です。奥のお庭も意外にも広いのです。

  そして、様々なお宝が公開されていました。今回驚いたのは、宗達の「秋草八曲屏風」があったこと。宗達の屏風絵などをお持ちとは! さすがです。秋の草花が繊細に描かれていて、やはり全然ほかとは違うな~と思ってしまいました。こういうのをさりげなくお持ちな京都の家は、やはりすごいですね。。。ま、杉本家だからだけど(ちなみに仏文学者・杉本秀太郎さんの生家です)。

  京都では、たとえお金持ちでもそれをひけらかすのは、はしたないのです。きらびやかな車とか、家とかでここぞとばかりに「金持ってるんだぜ~」と表現するなんて、ほんまもんの京都人はしないのです。で、普段はお家の奥に隠されているお宝を、この祇園祭の宵山にだけ、お宝を虫干し代わりにお披露目するのが、「屏風祭」なんですね。

  今年で10年目の祇園祭。最初はどうやって見たらよいのやらわからなかったけど、取材をしたり、毎年行くようになって、やっと面白みがわかってきました。ま、風情を味わうのが何よりいいですね。一緒に行く人が変わると、また視点が変わったりと、今後も楽しみたい祇園祭です。そして17日には巡行(defile)です。今年は長刀鉾の粽を買えたぞ! 去年は売り切れだったので…


f0029782_2227743.jpg

[PR]

by feuillesrouges | 2007-07-14 22:11 |


<< 祇園祭  La fete de...      二条城 Le chateau ... >>