人気ブログランキング |

京のかほり - Le parfum de Kyoto -

kyokahori.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:音楽( 4 )


2006年 10月 04日

urbanguild


f0029782_15134298.jpg


木屋町三条下ルのurbanguild(アーバンギルド)。友達に誘われて初めて行ったのが、約1ヶ月前。実はcafe independantの店長?(定かではないが、中心になっていた方)が、独立してこちらをオープンされたそう。初めに行った日には、mama!milkのお二人がいらしたりして、出ていたグループも良くて、既にいい雰囲気を醸し出していました。

  そして、昨日も誘われていったものの、なかなかハードなグループでした。最近は当たり前のように映像が使われていて、それが新鮮。
  今月はカヒミ・カリィが来たり、前から気になっていたふちがみとふなと、mama!milk、そしてあるバーで出会ったギタリストさんがやってるオトノカケラに惹かれます。

  それと、忘れてならないのは、こちらのフードは安くて美味しいです。今回は野菜とレンズ豆のカレー800円、万願寺唐辛子と砂肝炒め400円、フライドポテト400円。私は、万願寺唐辛子、ナス、パプリカ、レンズ豆が入ったヘルシーなカレーが気に入っています。
http://www.urbanguild.net/

  しかし残念なのがcafe independant。音楽もフードも客層も変わってしまった気がします。雰囲気のある空間だから、ぜひともそれを活かしてがんばってほしいものです。


f0029782_15135689.jpg


by feuillesrouges | 2006-10-04 15:12 | 音楽
2006年 05月 19日

ジャズ・ライブ  Jazz Live au pub de Gion



f0029782_15232244.jpg


  四条川端、南座向かいのビル内にあるアイリッシュ・パブ<Tadg's>のジャズライブに行ってきました。ヴォーカル&ピアノのみと思っていたら、サックスが登場。当日、四条大橋で彼が演奏しているところをつかまえて、突如3人でライブすることになったとか。最初、日本人かな~と思っていたら、タイから来たばかりでストリート・ミュージシャンをしていたそう。それにしても、即興でも見事に聴かせてくれるところは、さすがジャズ。久々に生のサックスを聴き、しびれてしまいました!! <Down By Law>(Jim Jarmusch)のJohn Lurieを思い出させます。細身長身の男性+サックスはメチャクチャハマりますね。演奏しているみんなも、観客たちも目がキラキラしていて、久々にライブの醍醐味を堪能した夜でした。

by feuillesrouges | 2006-05-19 15:18 | 音楽
2006年 02月 17日

家族の気分  Un Air De Famille



f0029782_18143087.jpg


  行きつけのカフェで最近よく聴く、印象に残る曲がありました。スタッフの女性に聞いたところ、CDジャケットを見せてくれて、それがCedric Klapisch(セドリック・クラピッシュ)監督の<Un Air De Famille(家族の気分)> のサントラだとわかりました。親切にもそのCDを貸してくれたのですが、その女性は、今はなき、とあるCDショップのスタッフ(FPMのあの方も元スタッフ)で、サントラ担当だったそう。私がお返しにと持っていったCDの何枚かは既に持ってらっしゃいました。いつもいい曲かかってるな~と思っていたら、それもそのはず、彼女、ツワモノだったのでした。<Talk to her>でも見ていたけど、Caetano Veloso(カエターノ・ヴェローゾ)も、ここで聴いて彼女から教えてもらったんだった。


  で、このサントラ、かなり気に入っています。特に7曲目の<Les Apprentis(Ah che terra)>(Pierre Salvadori)は、なんだか哀しいような切ないような…Fado(あまり聴いたことないけど)のpops版っぽいのかな。エキゾチックな雰囲気。。。この映画、確かビデオで見たはずだけど、内容も曲も忘れていました。同じ監督の<Spanish Appartement>(L'auberge espagnole)を見ようと、近所のレンタルビデオ屋に行ったものの、なにせほとんどビデオしか扱ってないので、なかったのでした…残念。。。ツタヤ復活してくれ~~!!!

by feuillesrouges | 2006-02-17 18:15 | 音楽
2006年 01月 18日

音楽を運ぶ人 Les personnes qui portent la musique



f0029782_19332772.jpg


  月に1度ほど、思いついたようにCDをくれる友だちがいます。それはいつも決まって坂本龍一(Ryuichi Sakamoto)。元々は、特に好きではなかったけれど、そのおかげで聴くようになりました。そもそもは、私が「ピアノの音が好き」と言ったのがはじまり。最近の坂本は、素直な音でわりと好きです。Bossa NovaのCDも良かった。

  近所に住んでいた知人が、「来月引っ越すので、約束の品です」と、ステキなラッピングでポストに入れておいてくれたのが、以前その方のお家で聴いた、ノラ・ジョーンズ(Norah Jones)とキース・ジャレット(Keith Jarrette)のCD。「またゆっくりお茶でも…」なんて言っていた矢先の出来事で、思いがけないプレゼントに心が温まりました。引っ越されて、なんで早く時間を作って、お茶しなかったんだろう…と思わず悔やみました。

  やっぱり音楽は生活に欠かせませんね。

by feuillesrouges | 2006-01-18 19:18 | 音楽