京のかほり - Le parfum de Kyoto -

kyokahori.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅行( 6 )


2007年 07月 18日

丹後  Tango, sur la mer du Japon



f0029782_16344531.jpg


  京都の海、丹後半島です。日本海って演歌の世界と思い込んでいて、あまり興味がなかったけど、来てみたらこれが予想外によかった! 取材で舞鶴までは来ていたけど、お店取材の時によく魚介類の産地として出てくる間人(カニ)、網野などがここなんだって、実感できました。関西出身の人は子供の頃なんかによく来ている場所なんだろうな…。関東育ちの私には、とっても新鮮です。
 で、ここは日本三景の一つ、松島に似ているので「丹後松橋」と呼ばれています。まるで大きな盆栽が岩の上に生えているようです。


f0029782_16351788.jpg


  ここまでの海沿いの道は、ちょっとコート・ダジュール(Cote d'Azur)を思わせるけど、スケールは違いますね。。。:-) でも、すごくきれい。山と海が接近していて、観光地というほどでもなく、自然がそのまま残されているのがいいんですね。貴重となりつつあるこんな空間。


f0029782_16355330.jpg


  賢島に行ってからというもの、オーシャンビューの宿にハマり(とは言っても、本当にすぐ下が海で、テラスがある所。大きなホテルで窓から見える程度では×なのです)、ネットを駆使して探し当てた宿。天橋立(一応、電車の窓から見ました:-)に行く予定がなぜかここになったけど、やっぱり大正解! 温泉まであって、泳いで温泉入って(これも興味なかったけど、海の見えるお風呂場で、身体が芯から温まってとても気持ち良かった)、近くでとれた魚介類食べて… ヴァカンスにはぴったりなのでした。テラスで波の音を聴きながらのお昼寝もサイコーです。


f0029782_16424613.jpg


  砂浜もあって、泳ぐにも最適…。とは言いつつ、まだちょっと寒くて少ししか泳げなかったのが残念。。。 同じ宿のサーファーのお兄さんが、「丹後ではここが一番水がきれい」と言ってはったので嬉しさ倍増! ちょっと先には、サザエやアワビを取れる場所があるそうです。
  20日過ぎると子供や学生の夏休みが始まり、お盆明けまで混むそう。その後はくらげが出ちゃうね。
[PR]

by feuillesrouges | 2007-07-18 16:25 | 旅行
2007年 06月 12日

志摩半島・賢島2 Shima- Kashikojima2



f0029782_1456496.jpg


  何が楽しみだったかといえば、この朝食です! シーズンオフで他に客がいなくて、ペンション1軒独占状態。一番いい部屋で、窓の下はデッキになっいて、すぐ海。朝食を取る部屋も別にあったけど、もちろん、デッキに移動してゆっくりいただきました。これぞヴァカンスの醍醐味。
 かなり量が多めで、全部はいただけなかったけど、海のさざめきを聞きながら、日の光を浴びながらゆっくりといただく朝食…。何ものにも変えがたい。しかしUVアレルギーの私はしっかりUV対策しないと、かゆいかゆいのでありました。


f0029782_14571972.jpg


  そして、賢島港から船で25分くらいの御座(ござ)に行くのに、便数が少ないため、これまたペンションのご主人が来るまで連れて行ってくれました。なんと親切な方! 朝食をサービスしてくれる奥様もいい感じで、やっぱり海辺に住んでいると、あんないい人になるのかな。真珠の養殖もしているんだとか。

  30分ほどで到着した御座の浜辺は、昨日の浜辺とは少し違って、岩があったり、変化があります。私はどちらかというと、何もない砂浜だけのビーチが好きですが…。何人か泳いでいる人もいました。梅雨の晴れ間(まだ梅雨に入ってなかったけど)は、水が少し冷たいけどねらい目です。日によっては泳げますよ。


f0029782_1457546.jpg


 そしてこの御座港から舟で25分ほどで賢島港へ。これも貸切。船の色がまっピンクというのがすごい。どうして日本の船は、ディズニー系のド派手な趣味なのだろう…普通でいいのに。それでも、船の上はやっぱり気持ちい~い!


f0029782_14581727.jpg

[PR]

by feuillesrouges | 2007-06-12 14:55 | 旅行
2007年 06月 11日

志摩半島・賢島  Shima-Kashikojima



f0029782_15325437.jpg


  お伊勢さんの後は、近鉄特急で更に40分の賢島へ。ここは去年、撮影に行ったカメラマンさんから「あそこはいいよ~! 子連れでGWに行くねん」と聞いていたので、行ってみたかったのです。関西の海に疎いのだけど、こちらの人にとっては有名なリゾート地らしいです。志摩スペイン村も近いしね。でも梅雨前で、シーズンオフの平日だったため、ほとんど人はおらず。ひなびた漁港といった感じ。で、ここは宿泊したペンションのご主人が車で連れてっ行ってくれた海岸です。サーファー御用達で、泳いでいる人はまだほとんどいなかった。7月1日が海開きだそう。


f0029782_1533211.jpg


  下は数少ない賢島のレストランにチャリで行く途中の景色。賢島にはどうしてこんなにレストランが少ないの? みんな志摩観光ホテルとかプライムリゾート賢島など、宿泊しているホテルでいただくそうです。私が泊まったペンションにも夕食ついてたけど4200円! なので、予約しませんでした。で、選ぶ余地なく、揚げ物が名物のお店へ。エビフライ+ホタテフライ1200円、でも地のものでもなく、取れ立てではないのだ。ここには、アワビやサザエ、カキなど美味しいものがたくさんあるから、取れ立てをいただけるお店を開いたら、絶対流行るのにな~。ちなみに港の前に、お昼営業、5時閉店のそういう感じの店があります。

  …と、久々の海が新鮮で、なんだかハマりそうです… 水もきれい。


f0029782_15353377.jpg

[PR]

by feuillesrouges | 2007-06-11 15:29 | 旅行
2005年 12月 31日

土佐日記Ⅲ Le voyage a Kochi vol.3



私の短いヴァカンスも今日で最終日。今回は海を満喫したかったので、目的地は室戸岬。海洋深層水や塩、また弘法大師が悟りを開いた場所としても有名です。今日は夕方の飛行機で帰るのであまり時間がなく、とにかく車で目的地へGO!



f0029782_22133196.jpg

最初は晴れていたけれど、だんだん雲行きが怪しくなり…でも、海沿いの道は気持ちい~い!



f0029782_21514174.jpg


f0029782_21523068.jpg
お昼は“キラメッセ室戸”というショッピングセンター兼レストランで、“鯨の竜田揚げ定食”を。やはり最後まで、地のものでなくては。ほか、文旦、お正月用の注連縄、塩などを購入。








f0029782_2215650.jpg


やっとのことで室戸に到着。行きの穏やかな景色とはうって変わって、荒波でゴツゴツした岩が印象的。しかも寒い! こんな厳しい環境の中でも可憐に咲く、黄色いお花が健気でした。

f0029782_228472.jpg



f0029782_21503755.jpg

バッグを預けてあったホテルに到着。このホテル本当に居心地が良かった。¥5460円(シングル)でこの質は、かなり良心的と思います。
f0029782_0463059.jpg
空港で、念願の土佐田舎寿司(高菜、竹の子、こんにゃくなどのにぎり寿司)を堪能し、これで思い残すことはない…いや、やっぱりそれぞれの季節の魅力を感じに、また来たいな。
[PR]

by feuillesrouges | 2005-12-31 21:35 | 旅行
2005年 12月 30日

土佐日記Ⅱ Le voyage a Kochi vol.2



f0029782_20172295.jpg

2日目は朝食のため8:30起き。この朝食、“(サービス)”と明記されおり、期待していなかっただけに、かなり満足! バイキング形式で、種類は少ないけれど(ゆで卵、バナナ、ジュース、パン3種、コーヒー)、これで十分。食器は真っ白でシンプル・イズ・ベスト。柳宗理のカトラリーと、さりげなく厳選されています。おいしいコーヒーをしっかり2杯いただき、窓際の特等席を陣取り、の~んびり優雅な気分で1日のはじまりです。



f0029782_20584631.jpg


とにかく「海が見た~い!」と、ひたすら海岸線をドライブ。京都から海は遠いので、横浜育ちの私は、時々無性に海が見たくなります。ひ~ろびろして、気分爽快! 



f0029782_2019726.jpg
というわけで高知市街から東、久礼の“黒潮本陣”にて昼食。昨夜がお造りばかりだったので、干物定食850円也に決定。すると、なんと卓上に七輪が置かれ、自らが焼くというスタイル。これはたまりません! うどん定食を頼んでいた、相席の愛媛からのご夫婦が「やっぱりこっちにすればよかったのぉ」と、しきりにつぶやいておられました(笑)。食事をしながら、このご夫婦との会話を楽しみました。子育てを終え、時間ができると、こんなふうにお二人でドライブなんて理想的ですね。「食べてみなさい」と、高知特産のさつまいも“ひがしやま”の干しいもをお裾分け。七輪で少し焙っていただくと、肉厚で歯にくっつくようなねっとりした食感で、食べ応えあり。オレンジ色なのも珍しい。もちろんお土産に購入しました。300円也。




f0029782_2033316.jpg
f0029782_2036286.jpg










そして今日のメインイベント、久礼の大正町市場へ。市場は場所を問わず胸が高鳴ります。やっぱりその土地でとれた食材は最高! 見ているだけでワクワクしてきます。太刀魚1匹って初めて見ました。刀みたいに美しい。じゃこは大小さまざまな種類がありました。あと、印象的なのが、市場で働いているおばあちゃんたち。みんなイキイキとして、ほど良く陽に焼け健康的で、生命力にあふれています。



f0029782_2040486.jpg
f0029782_2045752.jpg
















食べてばかりですが、ティータイム。町おこしのためにオープンしたという、ここで採れた苺を使った、女性のみのスタッフによるケーキ屋さん。2階では海を眺めながら、ケーキをいただけます。シンプルなショートケーキは、甘酸っぱいイチゴと上質な生クリームとで、ナチュラルそのもの。素直においしいです。このロケーションとこのケーキ、喜ばない女性はいないでしょう。



f0029782_20545822.jpg
f0029782_0133945.jpg
















f0029782_2104962.jpg

夜はやはりこの地ならではの、鯨料理のお店へ。刺身、サエズリ(舌)、皮とニラの炒め物…脂っこいの好きな私には、刺身はちょっとさっぱりしすぎかな。初めていただく皮はプルプル、コリコリの食感が気に入りました。ドロメ(イワシの稚魚)はちょっと苦味があるのが特徴。大トロの握りは、今まで食べた中で最高!!!



f0029782_2114830.jpg
f0029782_212645.jpg











そしてあまり飲めない我々は、喫茶店「セザンヌ」へ。こちらは京都の「クンパルシータ」「築地」
、東京・国立の「邪宗門」などを思わせる、文化的な香り漂うノスタルジックな空間。どこにでも同じような雰囲気を醸し出すお店があるものなのですね。
[PR]

by feuillesrouges | 2005-12-30 19:30 | 旅行
2005年 12月 29日

土佐日記Ⅰ Le voyage a Kochi vol.1



年末年始の休みを利用して、妹のいる高知にひとっ飛び。
伊丹空港から45分だから、うたた寝していたら
アッという間に着いてしまいました。
まずはかねてから気になっていた「7 Days Hotel」に到着し、チェックイン。



f0029782_18473942.jpg
そして街に繰り出し、待ちに待った魚料理で遅めの夕食です。
鰹のたたきはもちろん(この惜しげもない分厚さ! ニンニク、玉ねぎといただく豪快さ!)、のれそれ(アナゴの稚魚。体長5cmほどで、透き通った魚体が美しい)、ちゃんばら貝(水中でギザギザの部分を振り回して歩く姿が、“ちゃんばら”をしているようで、この名が付いたそう)など、初めていただく魚介類は新鮮そのもの! もちろん地酒“酔鯨”と共に。

f0029782_18451287.jpg












f0029782_18521673.jpg
ほろ酔い気分で店を後にし、目指すは地元コンビニ。
ご当地ものはいずこに…と、ありました、ありました。
室戸の海洋深層水、+ゆずシロップ(お酒の後にさっぱり)、
地元で取れる苺を使ったアイスクリーム(この美味しさで100円とはお得!)。


f0029782_18543812.jpg

久々の一人旅気分で泊まるホテルは、シンプルながら
小物のデザインにはかなりのこだわりが感じられます。
アレッシーのカップ、アルミのペンダントライトetc…
全国各地にできたらいいなぁ、このホテル。
[PR]

by feuillesrouges | 2005-12-29 18:13 | 旅行